スマホと従来の携帯について

スマホの普及により従来の携帯の利用が減っている。
スマホの利便性とはどんなところなのだろうか。

まずスマホは従来の携帯(通称ガラケー)
にあった物質的なボタンがなく、
画面上のボタンをタッチして文字を打っていく。

今まで「お」という字を打つときは
ア行を五回打たないと「お」という字を打てなかったが

スマホでのタッチ式になるとスライドするだけで「お」を打てるので
1つの文章を打つにしても大幅な時間短縮になる。

またアプリケーションが使えるため、
SNSなどのネットワークの広がり、
ゲームなどの種類が豊富でプライベートが充実している。

またお年寄りやこどもも使えるように
簡単スマートフォンも出ているため、
ニーズが増えているようだ。

ただ充電が持たない、
従来に比べると使いにくい、
携帯使用料が高いなどの
デメリットもあるため、従来の携帯がいいのか
スマートフォンがいいのかは
その人の使用目的によるのである。

ただアプリケーションの開発によりこれからどんどん
スマホの可能性、利便性は増えていくに違いない。

スマホのいいところ

最近では、スマホの普及でほとんどボタン式の従来の携帯を
使っている人を見る機会もすくなくなってきました。

なぜ皆ガラパゴス携帯からスマホに乗り換えるのでしょうか。
スマホの利点は、まずボタン式から画面を
タッチやスライドさせ操作するようになり
ボタン式よりも文字を打つ時間が短くなりました。

また、アプリの開発により無料通話や、
ゲームの楽しみ方も変わり、鏡機能、

写メのアルバム機能、SNSなどによるネットワーク
の広がりが増えました。

従来の携帯ではできなかったことが可能となり
携帯がより身近なものとなりました。

なかでもSNSは今まで疎遠になっていた友人や、
今まで出会えなかった人と
つながれたり、さまざまなグループもでき
人とのつながりが急激に広がりを見せています。

人と会わなくてもつながりを
感じれるので孤独感を味わうことが
少なくなってきているともいえます。

利便性の高いスマホはどんどんアプリの開発もされ
高機能になってきているのでこれからも
需要は伸びて乗り換える人も増えていくでしょう。

スマホと携帯はどっちがいいのか?

最近は従来の携帯からスマートフォンに買い替える人が多いが
どちらがいいのだろうか。

従来の携帯(通称がラバゴス携帯)は慣れているので使いやすい。
操作方法も簡単なため、老若男女使えるところがいいところである。

そして月々の携帯使用料も
スマートフォンに比べて安いのでおサイフにやさしい
ところもいい。

一方スマートフォンはアプリケーションが使えて便利である。
たとえば、ラインといった無料通話システムがあったり、

ツイッターといった短文のつぶやきを発信して友人や企業とつながりをもてる
アプリがある。ラインやツイッターなどのSNSのほかに、

写真を綺麗に修正できるものや
撮った写真を整理できるアルバム機能がある
アプリケーションなど多種多様にあるため、
従来の携帯に比べ遊びやネットワーク、利便性が格段に上がった。

SNSの利用により今まで音信不通だった友達、
今まで出会えなかった種類の人々とつながりがもてたことで、
仕事もプライベートも充実した人が増えたと言われている。

従来の携帯もスマートフォンもどちらもメリットデメリットはあるので
結局はその人その人に合ったものを選ぶべきである。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ